読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生使える武器を持った方がいい

Kentです。

昨日のエントリでは少々過激なことを書いてしまいました。

 

「そうか、オレもリストラされるかもしれないのか??」

 

こんなことで暗くなっちゃいだめですよ!

言ったでしょう。なんでもかんでも鵜呑みにしてはいけないと。

ただ、ここで間違えないでほしいのはリストラされることを想定することは悲しいことでもなんでもないということです。

 

僕はコピーライターとしてフリーランスで活動していますから、毎日が「仕事を失う危機」との戦いです。今は同世代の平均よりは稼げているかもしれないですが、1年後に同じ収入の保証があるかっていったら保証はまったくありません。

 

「もし、A社の仕事を失っらどれくらい収入が減るかな??でも、10社の内の1社だからそんなに痛くないかな。もしかしたら、B社が打ち切りになるかもしれない。

もう少し、クライアントを増やしておいたほうがいいかもしれない。でもあまり増やしすぎてパフォーマンス下がるのも嫌だしな、、、」

 

f:id:rightspot:20160415125502j:plain

 

こんなことがいつも頭の中をグルグル巡っています。

実際にA社もB社も契約は続いたとしても、普段から趣味レーションしていないと迅速に動けないですからね。

 

しかし、こうしたシュミレーションはフリーランスだけでなく、サラリーマンこそしておくべきなのです。僕のようなフリーランスだったら一社失っても他でカバーできるけど、サラリーマンだったらそこだけですよね。

 

これが危ない理由。クビになったら収入源をすべて失うことになってしまいます。

そうはいってもアベノミクスで景気は上がってるし、俺はせいぜいあと10年がんばれば退職金もらって引退だから大丈夫だ」

 

こんなあなたの現実がものになったとしても退職金は本当に貰えるのか?

給料だってたくさんもらっているのか?

満足した給料をもらって何も不自由がなければいいけど、本当に大丈夫なのだろうか?

 

1mmでも心配することがあれば、今の仕事だけを拠り所にしないで、もう一つ武器を持ってみるのはいかがだろうか??

 

何が言いたいのかというと価値観をぶっ壊して何か、スキルを身につけて自分なりのお金を稼ぐ仕組みをつくろうよってことです。

会社に依存しなくても、いくらでも収入の柱を作れる今だからこそ、やるべきなんじゃないかなって思います。

 

僕の場合はコピーライティングという武器を見つけてこれだ!って思って身につけたのです。