読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるほど!幼児でも1分で理解できる広告とPRの違い

仕事柄、お客さんとお話をしていると広告もPRも混同して考えている経営者さんは多いように思います。

集客に困っている方は大概どちらかに力を入れすぎてしまっているか、それとも片方で満足してしまっているケースが多いです。

 

なのでここではっきりと広告とPRの違いについて理解しておくほうが今後の行動基準に落とし込めるんじゃないかなと思って参考になる記事を書いてみました。

 

f:id:rightspot:20160611121453j:plain

広告とPRの違い

広告(アドバタイジング)と PR(パブリックリレーションズ)は全然違います。

 

ただし、広告とPRの目的はどちらも「人と集めたい」ということなので同じです。

 

しかし、広告は「自分でお金を出して自分の主張に振り向かせる」

PRは「お金でなくアイデアを出して、メディアの中で第三者に紹介して褒めてもらえるように仕掛ける」

このような違いがあります。

 

広告の主な特徴とすることは自分で主張するという点ですね。

 

インターネットの広告枠に載せたり、大きなメディア媒体に載せてもらったりまたチラシ、パンフレット、POP、などなど広告費があればあるほど自分の主張で好き放題宣伝

ができます。

 

しかし、PRはアイデア次第で効果が全く異なるのが特徴です。

広告と違って自己主張をしても取り上げてもらえないのでここで少し頭を捻らなければなりません。ここでいいアイデアができればそれを各メディアに提供します。そして、マスコミ、インフルエンサーにトレンドや話題のニュースとして取り上げてもらうのがPRになります。

 

まとめ

 

f:id:rightspot:20160611121509j:plain

 

PRと広告の目的は「人を集めたい」ということで同じ

 

・広告は「自分でお金を出して広告枠を買い、自分の主張に振り向かせる」もの

 

・PRは「お金でなくアイデアを出して、メディアの中で第三者に紹介して褒めてもらえるように仕掛ける」もの

 

ということです。

 

f:id:rightspot:20160611121609j:plain

 

どちらに重きを置いたらいいのか?と言われたら僕はどちらもやるべきだと思います。

正しく言えば連動させながら行うというのがベターです。

広告や他の施策におけるタイミングや伝えたいメッセージがあるので、広告もPRもマクロ的に連動を図っていくことが生活者の関心や理解度を上げていくのだと思います。

 

また、どちらがお金がかかるのかという質問も多いので答えておくと、個人や小さくやる場合は広告のほうがお金がかかりますが、結局広告もプロにお願いすれば大抵、売上からのパーセーンテージを求められるのが一般的です。

 

PRは自分でネタを考えて自分でメディアに送るのであれば紙とFAX代で済みますので全くかかりません。が、いきなりやってうまくいくのも稀な話です。

通常プロに頼めばネタ作成からメディア配信まで月額30万〜月額300万円というのが相場です。

 

これもどこまで広げていきたいのか?PRの戦略設計で随分変わるので一概には言えません。もし、あなたの会社や商品が全国区で有名になりたいのであれば最初が少し高いなと思ってもプロの方にお願いするほうが賢明な選択です。

 

なぜなら戦略PRとはあなたが思っている以上に奥が深いものだからです。巷でちょっとテレビに出れますよとか言っている輩の考えているだけのものではありません。あなたの会社や商品をより多くの生活者に理解してもらい話題にしてもらうことです。

 

戦略PRは決してテレビや新聞にちょっこっと取材してもらってハイ終わりというものではなく長期的な視点で行っていくものなのです。