読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカウレの達人が最初の信頼関係を作るためにやっていること

マインド バカウレの極意

あなたは、与える人ですか?それとも、奪う人ですか?

 

f:id:rightspot:20160425133953j:plain

 

あなたがビジネスを行い長期的に良好なリレーションシップを育みたいのであれば

まずは、「与える」"GIVE" することがすごく大事なことです。

 

とは言っても、いきなりそんなこと言われたって何をどう与えればいいのか分からない人もいるかもしれません。

 

そこで、本日は、与えるエクササイズを説明すると共に、小さな信頼関係を構築するための一歩となる種を植え育てて頂ければと思います。

 

f:id:rightspot:20160425134227j:plain

 

では、始めていきましょう。多くの人は、自分には与えれるものがないと思い込んでいます。

しかし、ビジネスを行いお金を得ていくためには信頼をまずは構築する必要がります。

それはなぜかというと、お客さんは、いい商品を買っているのではなく信頼している人からは商品関係なく購入する心理があるからです。

 

多くの人が詐欺に騙されてしまうのは、この信頼を悪用した結果でもあります。

例えば、あなたの信頼を寄せる恩師や昔から信頼している友人に紹介された商品を大して調べもせずに買った経験があると思います。その商品のことを調査もしないで購入してしまうのは、その人達との、これまでに構築した信頼関係があったからですよね。

 

信頼を構築し詐欺をする人は人道的に最低、最悪なやつらですが、普段は信頼を勝ち得ることさえできれば、極論、商品の改善などなくとも売れてしまいます。

 

じゃぁ、何を与え、信頼を構築していけばいいのか見ていきます。

 

f:id:rightspot:20160425135147j:plain

 

今、商品がある人は、その商品の先にある「結果」に焦点を合わせ様々な形で与えていけばいいでしょう。ベネフィットのことですね。

今、商品もまだなくて、ビジネスもこれからという方が何を与えればいいのかを見ていきます。

 

これは、結局、今商品をお持ちの方にも通じてくることですので、自分には関係ないと考えるのではなく、フラットな気持ちで、考えてみてください。

 

では、その信頼を獲得するために今、何もない人であっても、結果を叶えることができるものとは一体何なのか?

 

それは、相手の困っていることをベースに考えていくことです。

ここで外してしまう人は、自分基準で考えてしまうのですが、それは、有り難迷惑となる可能性もあるので自分基軸ではなく相手基準で考えることです。

 

恋愛でも同じことが言えます。コンパとかで自分のことばかりベラベラしゃべっているやつに女の子は普通、ついていきませんよね。w

相手に思いやる気持ちが強い男性にいい女性は引き込まれていくはずです。

 

f:id:rightspot:20160425140149j:plain

 

では、具体的に何が提供すれば信頼を得ることができるのか?

例えば、ダイエットに苦戦している人がいたとします。

 

f:id:rightspot:20160425140501j:plain

 

この場合の相手の困っていることは、運動してもなかなか痩せられないこと仮定して提供するリソースとしてはダイエットサプリを飲んで運動してもらったり、食事制限して痩せる方法といった解決方法を掲示しました。

 

ただ、ここで注意しなければいけないことがあります。

 

それは、自分の商品やサービスを持っている人はその商品の先にある結果に関連付け繋げる必要があるということなのです。

例えば、この場合でいう痩せたいという人はダイエットサプリを飲んで運動すればもっと痩せれますというのに共感して商品を購入するのですが、人にはもっと奥底に本当の理由(ニーズ)というものが存在していてそこに気付いてあげなければいけません。

 

だから、このケースで言えば実は痩せたい本当の理由はモテたいだったら、ここに気付いて共感をしてあげなければいけないのです。毎回、ここに共感できたら、相手との関係性も深まり、商品はバンバン売れるようになります。

 

相手の話をよく聞いてあげることで、本当のニーズに気付いてあげることができるのです。そのニーズに気付いてあげられるかどうかということが信頼関係を育む鍵だということです。

 

f:id:rightspot:20160425141436j:plain

 

このように、信頼とは、日々の出来事から積みあげて行くことができます。

そして、その信頼を得るためには、ある程度の時間がかかるのは仕方ありません。ですので、今、自分でできてかつ相手が望んで

いるものを提供しつつ、時間をかけ焦らないことです。

 

その積み重ねが、信頼となり強固な人間関係を構築してくれます。その為の第一歩は、相手が何を望んでいるのかを「知る」ことから始めてみてください。

 

それは、相手を観察して発見することでもいいし、直接聞いてももいいかもしれません。大切なのは、常に相手基準だということです。

 

起業家デビューや営業マンデビューしてなかなか仕事の契約がとれない原因は相手基準に慣れていないのだと思います。

 

このことをしっかりとあたまに入れて焦らず相手の望んでいることを汲み取るということを実践してみてください。これが「与える」という行為です。これを実践すするだけで、半永久的に人間関係での悩みや仕事がこない状態から解放され、戦闘力の高いセールスマンに近づけるはずです